うんよう女子 インデックス投資と米国株で資産形成

女性でもできる!年収360万円からの投資のあれこれ。ときどき婚活。

楽天証券で外貨建てMMFを買い付けしました。

 楽天証券で外貨建てMMFを買い付けしました。

1ドル109円だったときに10万円ほどドル転していたのと配当金などをそのまま証券口座にプールしていました。

が、当分米国株の下落がなさそうかもという気がしてきたのでこのまま外貨が放置しちゃうかも・・・。

 

AGGを購入したいけど、手数料がかかるしVTIやVYMなどから入ってきた配当金を再投資する場所として外貨建てMMFを活用したほうがいいような気がしてきました。

 

というわけで楽天証券で外貨建てMMFを買付けてみましたよ!

買い付け画面がどこなのかわかりにくかったので解説します。

 

外貨建てMMFのメニューは「投信」から!

f:id:tumitate-nisa2:20190226200409p:plain

外貨建てMMFは手数料もなく買い付けができ、証券会社に取ってはうまみの少ない商品です。

注文画面はとってもわかりにくいです。

楽天証券からログインして、

投信→注文をクリック→外貨建てMMFを選びます。

 

外貨建てMMF画面が出てくるのでどれか選びましょう。

目論見書を閲覧し納得たら、「買い」をクリックします。

f:id:tumitate-nisa2:20190226200617p:plain

あまり金利の高いブラジルレアルなどは貨幣価値が急激に下がるというリスクもあります。

ここは王道のドルでゴールドマン・サックスにしました。

金利は1.938%で日本国債と比べると雲泥の差です。

 

手数料0円で買い付けできるのが魅力

f:id:tumitate-nisa2:20190226201446p:plain

費用は手数料0円なのでこまめに買付けるのに向いています。

配当金のプール先として最適です。

管理費用は0.7%と高めですが、自由に入出金できることと金利がつくことを思えば許容範囲です。

 

リスクは少なめですが、元本割れの可能性がありますので注意しましょう。

ローリスク・ローリターンであって、ノーリスク・ローリターンではないです。

場合によっては元本割れしているけど、米国株を買付けたくなって解約という場合もありえます。

配当金を再投資する気がないけどドルでずっと資産を保有していたいという人に向いているのではと思います。

選択したら注文内容を入力します。

円でも購入できるし、外貨でも購入できます。

f:id:tumitate-nisa2:20190226201146p:plain

今回私は買い付け余力全部注文しました。٩( ‘ω’ )و 

追加申し込み単位は0.01ドル〜なのでこれで米国株の配当金が入ったらここへ追加すればいいですね。

 

外貨建てMMFのメリット

メリットとしては

買付け手数料がかからない

金利が高い

途中での解約がしやすいなどです。

外貨建てMMFのデメリット

・外貨ですので、為替差損が発生することがあります。逆に為替差益になることもあります。

1ドル100円のときにMMFにプールして、95円の時に解約すれば1ドルあたり5円分損しますね。

・信託報酬はETFよりかかります

・為替手数料がかかる(配当金を再投資するならかからない)

米国国債の金利はしばらく上昇しなさそうですので、AGGなどでもいいかもしれませんがこまめに配当金をプールしておくならMMFという選択肢も悪くないですね。

 

金利は課税されるよ

受け取る金利は分離課税で20%分課税されます。

課税はその時々の為替レートで計算されるので、場合によっては損することもあるのでご注意を・・・!

view raw /* カテゴリーの階層化*/