うんよう女子

年収360万円からの投資のあれこれ。

つみたてNISAを10ヶ月続けた結果

おはようございます、熊猫です。

世界株価がセール開始しましたね。

私のつみたてNISAも全て含み損に突入しました。

ここで、慌ててつみたてをやめたらつみたて投資の恩恵は受けられませんので、設定額を増やしても減らさないようにしましょう。

 

本日のニューヨークはハイテク株が買われ、決算の結果も良かったので米国株はまたすぐ切り返してしまうかもしれませんが、しばらくヨコヨコしてくれたほうがつみたてがいがありますね。

 

10ヶ月目のつみたてNISA

f:id:tumitate-nisa2:20181026062828p:plain

−7,120円となりました。

ついに全米株式もマイナスに突入です。

11月6日のアメリカ中間選挙で盛り返すかと思いますが市場はリスク回避気味です。

全世界株式は毎日100円ずつ積立て中です。

f:id:tumitate-nisa2:20181026063107p:plain

9月26日から楽天全世界株式を買い付けていますが、買い付け数量が少しずつ増えてきました。

にしてもこの100円ずつの買い付けに毎回3ポイント付与してくれる楽天、太っ腹です。

現在−180円で、今後株の配当を再投資されていくことを考慮すればあまり気にしなくていいと思われます。

キーポイントは関税問題ですね、中国との冷戦と囁かされていますがなんとか中国とアメリカは住みわけて仲良くしてほしいです。

言語も英語圏と中国語圏で経済が大きくわかれているのだからそこで線引きしてと思います、ホント。

 

関税リスクがいつまで続くのかは不透明

関税リスクがどこまで続くのかは不透明ですが、国債の金利は上がっていくことを考慮すれば株価は最終的に回復、上昇をしていくことが予想されます。

不透明、ではあるけど今後の20年間のつみたてNISAを継続するのなら「ちょっとしたつまづき」程度の下落相場であるとかんじています。

むしろこの下落期間に「売り」の下げがキツく、今後ゆるやかに経済が上昇していけば早めに投資をスタートさせた人のアドバンテージが効いてくるのでは?

 

つみたてNISAはのんびりつづけよう

いろいろ振り返りましたが、年間40万の枠で投資をつづけてみると世界同時株安でもそこまで気にしなくてもいいと思えるようになりました。

チェックするたびに、含み損でも含み益でも「とにかく最低10年ほどは売らない」と決めているからです。

じっくり積み立てて、ポイントの再投資でちょっとしたお得を獲得していくことで長く続けられるようにしていきたいと思います。

 

それよりも今回の下げ相場で慌てた人はリスクを取りすぎだったということです。

ポジションを見直したり、バランスファウンドを少し増やしたり、来年の投資計画を見直してみるのもいいでしょう。

 

私は好景気すぎると感じていたため、夏頃から定期預金額を引き上げました。

景気の停滞がつづくようであれば、この時の定期預金が防衛資金になります。

減った額をみていてもしかたないですので、今後自分が稼ぐ額、入ってくる額で生活できるのであれば当面慌てる必要はありません。(´・ω・`)

 

投資は続けることが大事!

皆様も下落相場つらいですけど、コツコツがんばりましょう。

view raw