うんよう女子

年収360万円からの資産運用あれこれ

インドSENSEXは2年ぶりの4.95%大幅下落、銀行株が下落

jp.reuters.com

おはようございます、熊猫です。

アジア株は米国に引きずられるように下落していっていますね。

 

インドもGDPの伸びはすごく良いのに銀行株が下落して足を引っぱっています。

 

ちなみに本日はインドの株式市場はお休みです。

 

しかし、インドの成長率は日本に比べて右肩上がり特に2017〜2018年の伸びはすこぶる調子がいいです。

f:id:tumitate-nisa2:20180301212809p:plain

ちなみに、インドのSENSEXに投資したいと思ったら、iシェアーズ・コア S&P BSE

SENSEX インディア インデックスETFがあります。

設定来のリターンは6%です。

ここ1年の伸びが39%と異常なので設定来でみるのはチートな気さえしてしまいますが^^

 

というのもモディ首相が2016年11月に行った大胆な政策でインドが昨年混乱期に入り、ブラックマネーを吐き出したかのでこの1年で急に経済が回りだした、という流れです。

余談ですが当時景気が冷えまくっていた頃に、

 

現地法人のスタッフに「在庫買い取ってよ〜」と催促したら

「半年位したら回復するはず」という呑気な回答でしたが、ほんとに半年くらいでSENSEXは元の数字に戻りました。

toyokeizai.net

なのでここ1年の伸びはモディ首相の狙い通り、です。

 

ただ私も仕事をしていてあの混乱期から銀行のトラブルが多いと実感しています。

 

お客側では支払いを終えていても銀行の手続きという理由でかなりの日数を要したり、新興国では決済トラブルは時々ありますが最近の引き延ばし具合は督促しなければ踏み倒されるんじゃないかと震えます。

 

インド銀行株の下落は不良債権比率が世界で2位、インドへの投資はリスク許容度に応じて行うのがいいでしょう。まさにハイリスク・ハイリターン!

市場自体に体力があるものの、銀行に力がない、というのは海外と取引をする上で非常にマイナスです。

銀行に力がなければ、事業を拡大したいときに銀行からマネーを借りることができません。

また海外と信用取引きをする際に、保証人となる銀行自体の信用力がなくなればどの国もインドと商売をしたくなりますからね。

今のところは、高成長を続けているので大丈夫そうですが・・・。

www.bloomberg.co.jp

こうしてみるとやはり、米国の不良債権は1.1%と日本よりも低い水準で投資先としては魅力的だなと再確認できますね。