うんよう女子

年収360万円からの資産運用あれこれ

熊猫、仮装通貨をはじめる。

 

マジックマネー

仮装通貨の暴落と暴騰のチャートをみるたびに

 

「私にはこんな乱高下に耐えられない・・・」と思っていましたが、ちょうどAmazonプライムで「マジック・マネー」を視聴してみて、

「たしかにこれは未来のマネーシステムだ」とショックを受けました。

 

まだまだビットコインは誕生したばかりで、課題は山積みですがいずれ世界基準になるシステムだと思いました。

 

また、新興国で口座を持てないような人にもビットコイン

1に手軽で、

2に決済にタイムラグが無く、

3に手数料のかからないシステム

というのが革新的な部分だと思いました。

 

ブロックチェーン云々に関しての素晴らしさは文系の私からしたら、わかりにくかったですが上記の3点はビットコインが銀行システムとクレジットカードの不合理さを凌駕するすごいシステムだ、ということがよくわかりました。

 

日本で暮らしていると、銀行口座を持っているのが当たり前のようにかんじてしまいますが、世界には銀行口座を持たない、あるいは持てない人が溢れています。

 

というのも、きちんとした身分証を持たない人、あるいは国が個人の戸籍を把握しておらず、銀行口座を持つまでの資産や資格、身分を持たない人が世界中にいます。

彼らはこれまで、銀行口座を持たない=世界経済の大きな取引に参加できない、たとえばクレジットカード決済システムを利用できない、連携する銀行口座が無いというような問題に直面していました。

 

身分を証明するモノがなく、銀行口座を持てなかった人もビットコインの誕生で、世界経済に簡単にアクセスできるようになったのです。

 

一方で、世界中のクレジットカード会社や銀行、政府がこの匿名性のある革新的なシステムの普及を恐れて何かアクションを起こすかもしれません・・・

新たな金融危機が起きるかもしれません・・・

 

現に中国は規制を始めましたし、日本は仮装通貨の勢いにどう対応していくか政府が動き始めました。

 

「マジック・マネー」を観て面白いと思ったのは、ビットコインのアカウントを持つことでビットコインの送受信が簡単にできるようになる、ということです。

とりあえず口座を開設するのは無料だったので口座開設をしました。

 

私が口座を開設したのはbitFlyerです。

bitFlyerだと楽天からのお買い物でポイントが貯まるそうなので、ポイントでビットコインを微量ながら保有して、ビットコインを実際に受け取ってみたりして使ってみたいと思います。

 

ビットコインの売買による投資はまだ予定していませんので、「ウォレットクラス」というビットコインの預入、送付のみができる口座を開設しました。

「ウォレットクラス」であれば、メールアドレスと、身分証の提示のみですぐに口座開設ができます。

bitflyer.jp

 

書留の郵便物を受領すれば、本人確認が完了してビットコインを購入したりもできるそうです・・・親の目があるので開設しにくいですが、もし必要になれば「トレードクラス」へと移動しようかなと思います。

 

追記☆身分証を登録してその日の夜に「トレードクラス」へアップグレードされていました・・・どうやら簡易書留が自動で発送されてしまうようです・・・アップグレードいらなかったのに・・・まぁ、しょうかないですね。