うんよう女子

年収360万円からの投資のあれこれ。毎日働くのはツライ、70歳まで働きたくないのでアーリーリタイア目指して投資生活スタートしました。

世界経済の発展にのっかろう。

こんばんは。

投資生活をスタートさせたかやこです。

 

6月から投資をはじめて現在+1500円を超えました^^

これはアメリカ経済が絶好調だからという側面が非常に強いです。

民主党アベノミクスの成果を全面に押し出していますが、日本はアメリカ経済にひっぱられますので日銀のETF買い込みにアメリカ経済のバイアスをかけないと正確な数字はわからないかなと思います。

投資信託資産合計  
60,589 円
評価損益 +1,589 円
トータルリターン +1,589 円

日本に住んでいるので、日本も応援して行きたい気持ちはありますが、人口の推移からみても投資先は海外に振り分けた方が無難です。

バファットは妻に「資金の90%をS&P500に投資 せよ」という言葉を残しています。

90パーセントをS&P500に振り分けるのは勇気が要りますが・・・そもそも資産の1割しか残らなくてもバフェットの妻ならすんごい金額かと^^

アメリカ企業に投資することは間接的に全世界の企業に投資できますが、今のところアメリカ全力投資にはまだ勇気が持てないし一攫千金を狙っているわけでもありません。

というわけで、値動きが比較的安定するような投資信託に投資していこうと思います。

たぱぞうさんの記事がわかりやすいのでリンクを↓

 

www.americakabu.com

たぱぞうさんも記事の中で書いていますが、バランスファウンドといっても日本の比率の大きいバランスファウンドが多いです。

世界経済IFは、先進国、新興国への投資額が多めで私好みでした。

仕事柄、アジアの新興国を担当しているので、ヨーロッパからの受注で新興国はいまものすごい勢いです。

ヨーロッパなどから仕事を請け負う新興国各国は人口の多さと賃金の安さという強みを活かしながらすごい勢いで仕事をこなしてきます。

ときどき政治的な理由、宗教的な理由などで何ヶ月も仕事がストップするのが難点ですが・・・それでも新興国の「豊かになろう!」という勢いはすごいものですので、今から成長を楽しみに経済に乗っかっていこうと思っています。

インドは中国の人口を追い抜く勢いですし、モディ政権が公衆衛生に国民の預金を把握し税収を増やすために大胆な改革を押し進めています。

 

余談ですが昨年末にインド経済が大ショックを受けた際に、インド株を買った人は今順当に資産を増やしているのではと思います。

私は年始かなり暇な時期をすごしながら、先行発注を受けたインドの在庫に悩んでいました。

なんとインドは突然高額紙幣を廃止したんです、日本ではあまりニュースになりませんでしたが、ある日突然1万円札つかえなくなりますよって言われるようなものですからね。

びっくりしますよね。

 

しかもインドは日本のようにみんなが銀行口座をもっているわけではなく、タンス預金してた一万円が突然紙切れになったようなものです。

jbpress.ismedia.jp

現地の報告だと今年の3〜5月にはインド経済が回復するという見通しでしたが、大幅に遅れて夏頃からちょっとずつですが軌道に乗り出したといった雰囲気です。

結果論ですがインドなので数ヶ月の予定が年単位にの予定に切り替わることはざらです^^;

ハイリスク・ハイリターンですね。

 

そういう意味でも自動でリバランスしてくれる世界経済IFは、とても良い商品だと思います。

おそらく個人でリバランンスやっていると精神的によくないです。

投資になれるまではバランスファウンドにそのままのっかりたいと思います^^